コンテンツへスキップ

2020年度 「難病の日」ポスター募集

難病はずっと法律がなく、ごく一部の患者が、研究対象として医療費助成が受けられるのみでした。日本難病・疾病団体協議会はじめ、たくさんの患者団体が国に要望を重ね、ようやく2014年5月23日、患者家族の悲願であった「難病法」が成立しました。この日を「難病の日」として、ポスターデザインを募集します。難病法がよりよいものとなるよう、一層の普及と啓発を図ることを目的としています。症例が少なく、治療法が確立されていないから「難病」と言われていますが、誰もがかかる可能性を持っています。遺伝による場合も、突然発症する場合もあります。だからこそ、難病の治療や生活課題への関心を高めてほしいと願います。どなたでも応募できます。応募締め切り:2月11日/主催:一般社団法人日本難病・疾病団体協議会(JPA)後援:厚生労働省/ 募集要項など詳細は⇒ https://www.koubo.co.jp/system/contest/2020nanbyo-day/

日常生活で動かす身体の部位や動かし方は意外と限られます。動かさないでいると、加齢も相まって、関節周りの筋肉や筋膜、腱はどんどん細くなり、固くなり、可動域が狭くなっていきます。柔軟性をキープするために、股関節や肩甲骨をとくに意識して、「伸ばし」「ほぐし」「ひねり」を上手に取り入れましょう。
スケジュール <月1回 原則第4金曜日午後2時~4時>
2020年 1/24、2/28、3/27、4/24、5/29、6/26、7/24
場所: 福祉プラザ 9F 大広間(仙台市青葉区五橋2-12-2)2月のみシルバーセンター
時間: 運動は14時~15時、15時~16時はお茶飲みおしゃべりタイム       (おしゃべりタイムのみの参加は無料です。)                  講師への謝礼として1人1000円、付添の方は無料で参加できます。        指導: 飛田昭人先生 Tel: 090-2993-4490
申込不要、直接会場へおいでください。

何かと慌ただしい年の瀬ですが、八木山でお茶飲み交流会を開くことになりました。東北福祉大学(健康科学部リハビリテーション学科准教授)の中江秀幸先生がオブザーバーとして参加下さる予定です。またデュオドーパ療法を受けた会員も今のところ参加予定です。話を聞きたい方、話をしたい方、ぜひおいでください。            【日時】12月27日(金)午後1時~3時/【場所】八木山市民センター 会議室兼調理実習室(地下鉄東西線「八木山動物公園駅」西1出口 徒歩1分 Tel:022-228-1190)/【参加費】無料。お茶菓子・飲み物持ち込み自由。当日飛入りもOKですが、参加人数が限られますので、前もってご連絡いただけると助かります。患者どうし気兼ねなく本音で話し合える良い機会です。/【申込み】 ⇨お問い合わせページからメールでお申込みください。

(終了しました→次号会報で報告予定)

 

この活動は医療費助成を初め、パーキンソン病患者と家族の生活に大きな影響を与えるものです。                                2020年4月10日(金)の国会請願では、国会集会に合わせて、厚労省への要請行動交流会を予定しています。集会壇上に各県の支部から集められた署名用紙をおき、その前で国会議員の方々からの激励を受ける予定です。報道機関の取材もあります。

  •  2月に発行する支部会報に、署名用紙の返送用封筒(右写真・長形3号)を同封しますので、お手数ですが、84円切手を貼って2月27日までに支部事務局に届くよう投函して下さい。
  • 署名用紙は点線から切り離してもいいし、切り離さずそのままでも構いません。(郵送料は切り離した場合は4枚まで、切り離さない場合は2枚まで84円、それ以上は94円となります。)
  • 追加の署名用紙が必要な場合は事務局までご連絡下さい。Tel:022-226-1653(吉川)
  • 最初のページには何も書かないで下さい。署名は全国会報11月号の8、9ページの注意をよく読んで記入して下さい。(代筆は原則不可、「〃」や「同上」などは不可、など。)1筆だけの署名でもぜひ送って下さい。
  • 集まった募金は、『支部だより 2月号』に同封する郵便局の「払込票」の「募金」欄にチェックを入れて、2020年度の年会費と合わせて振込できます。

◆開催日時:12月5日(木)10時~12時(12時~13時、希望者のみ昼食持参で交流会開催)◆会場:宮城県患者・家族団体連絡協議会事務所(仙台市交通局本局庁舎7階 青葉区木町通1-14-15)◆講師:県難病相談支援センター長 白江 浩氏 他

当支部では会員数人がパーキンソン病のピアカウンセラーとして、県難病相談支援センター(仙台市交通局本庁舎7階)で、面談や電話相談にあたっています。(ピアpeerとは「対等な仲間」という意味で、ピアカウンセリングとは、同じ病気を抱えている方の療養上の問題や生活上の悩みなどの相談に応じ、同じ立場で一緒に考え問題解決に向けたお手伝いをすることです。活動はカウンセラー1人月1回程度。)当支部の患者または家族会員で、ピアカウンセリングに関心があり、初級研修会の受講を希望される方は、11月15日までに「お問い合わせ」ページより支部事務局へご連絡ください。 (終了しました)

※研修会およびピアカウンセリングは、当支部が加盟しているNPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会(MPC)が県から委託を受けて行なっています。

最近医療講演会の参加者が大変増えておりますので、参加希望者はお早めにお申込み下さい。※事前に登録されていない場合は参加できませんのでご注意ください。

◆友の会会員申込先→事務局 吉川までTel:022-226-1653   又はお問い合わせページから 申込期限12月16日

◆友の会会員以外の方(下記によりファックスでお申込み下さい。)申込期限12月17日   申込先:仙台西多賀病院地域医療連携室 Fax:022-245-1811(Tel:022-245-1810)

榴ヶ岡地区で初のお茶飲み交流会を開きます。(終了しました→次号会報で報告予定)

【日時】11月23日(土)午後1時~3時半 終了予定               【場所】みやぎNPOプラザ 第2会議室                    (仙台市宮城野区榴岡5番地)Tel:022-256-0505                   【交通】電車:JR仙石線榴ヶ岡駅下車徒歩7分/バス:仙台市営バス、宮城交通「第四合同庁舎前」下車3分、無料駐車場47台分                   【参加費】無料。お茶・菓子持ち込み自由。                   宮城野区の西部、青葉区の東部にお住まいの会員にお声掛けします。それ以外の地区にお住まいでもご参加いただける方は、準備の都合上事務局までご連絡いただけると助かります。(⇨お問い合わせページからでもOK。)患者どうし気兼ねなく語り合える良い機会です。会員以外の方も歓迎いたします。ぜひどうぞ!            【お問い合わせ先】 事務局長 吉川明宏 Tel/Fax:022-226-1653

仙台市障害企画課より、障害者週間イベントの一環として開催される仙台フィルハーモニー管弦楽団の演奏会のご案内をいただきました。(チラシ参照)友の会としてまとめて申込み致しますので、ご希望の方は「お問い合わせ」ページからご連絡ください。電話の場合は:022-778-7413(大田原) 申込期限:10月30日            ※ 申込者には11月23日にチケットを郵送しました。2、3日待っても届かない場合はご連絡下さい。(TEL:022-778-7413 大田原まで                                             

 

 

ロックステディボクシング仙台の通常クラスの日程が変更になりました。     【変更前】土曜日 ⇨ 【変更後】日曜日 10時~11時半            コーチ紹介、入会案内、練習場所(地図)など詳細はホームページをご覧ください。⇨https://www.rsbsendai.com/
場所:LSC Lスタジオ  仙台市宮城野区榴岡3-2-5 サンライズ仙台2F
※仙台駅東口から徒歩5分の英会話スクールのスタジオです。           入会希望者は事前にメール/電話でRSB仙台の小澤純一さんまでご連絡下さい。⇨050-3188-8397/info@rsbsendai.com

小澤さんは12月22日の市民公開講座で講演します。ぜひ聴きに来てください!