コンテンツへスキップ

全国パーキンソン病友の会宮城県支部規約

第1条(名称)

この会は、「全国パーキンソン病友の会宮城県支部」と称する。

第2条(目的)

この会は、県内のパーキンソン病患者・家族の交流を通じて医療、福祉、療養生活の充実、向上のために活動する。

第3条(構成)

この会の構成員は、前条の目的に賛同した患者・家族(各家族1人まで)並びに遺族(各遺族1人まで)とする。

第4条(事業)

第2条の目的を達成するため次の事業を行う。

(1)会員の交流、親睦会 (2)療養に役立つ情報、資料の収集と提供、会報の発行 (3)医療講演会、研修会の開催などの教育活動 (4)その他この会の目的達成に必要な事業を行う。

第5条(機関)

この会の機関は総会及び役員会とする。

第6条(総会)

(1)総会はこの会の最高決定機関で、次の事項を審議する。

① 活動報告および決算報告 ② 活動計画および予算  ③ 役員の選出・改選 ④規約の改正 ⑤その他の重要事項

(2)総会は年1回の開催とするが、審議すべき重要事項が生じた場合、支部長は臨時総会を招集することができる。

(3) 総会の成立は、構成員の過半数(委任状を含む)をもって成立する。

(4) 議事の決定は、総会出席者の過半数以上の賛成による。

第7条(役員会)

役員会は支部長が招集し、月1回を定例として開催する。必要に応じ臨時役員会を開催し、円滑な運営を図る。

第8条(役員)

(1)役員は会員の中から下記の役員を選出し会務を執行する。

(2)任期は2年とし再任は妨げないが、会計長及び会計は原則として2期までとする。

(3)役員は、次の通りとする。

 支部長1名/副支部長 若干名/事務局長 1名/事務局員 若干名/会計長  1名  会計 若干名/会報編集長1名/監事2名/相談役1名

第9条(役員の任務)

役員は会員と協力して次の任務を遂行する。

 支部長は会を代表し、会務を総括する。/ 副支部長は支部長を補佐し、支部長に事故あるときは代行する。

事務局長は会の庶務および会報発行以外の広報等を担当する。/事務局員は事務局長を助け、共に会務を遂行する。

会計長は会計を総括する。/会計は会計実務を担当する。/会報編集長は他編集員とともに会報発行を担当する。

監事は会計を監査する。/相談役は本会の運営につき助言する。

第10条(会費)

会員は次に定める会費を納入しなければならない。

患者会員、遺族会員年会費(患者会員の遺族)4,500円、家族会員(患者会員の家族)年会費1,000円(ただし、患者一人に付き家族会員は一人まで)

第11条(経費)

この会の運営に必要な経費は、会費、および寄付金等の収入をもって充てる。

第12条(会計年度)

  この会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

付則   この規約は2019年4月13日から適用する。

    

1994年10月30日制定   2015年4月18日改正  

1996年4月21日改正    2016年4月16日改正

1998年4月18日改正    2017年4月24日改正

2003年4月19日改正    2019年4月13日改正

2014年4月26日改正