コンテンツへスキップ

パーキンソン病モデルへのペランパネルの有効性   ―パーキンソン病の進行抑制治療への期待―

京都大学日本医療研究開発機構 のプレスリリース(令和3年4月5日)

「京都大学大学院医学研究科臨床神経学 上田潤 博士課程学生、上村紀仁 同特定助教らのグループ(山門穂高 同特定准教授、高橋良輔 同教授ら)は、αシヌクレインフィブリル2)を投与した培養細胞とマウスを用いた実験により、抗てんかん薬の一種である「ペランパネル」が、αシヌクレインの伝播を抑制することを発見しました。ペランパネルは既に臨床で使用されている薬剤であるため、パーキンソン病の病状進行を抑える薬としても迅速な応用が期待されます。本成果は、2021年4月5日午前0時01分(日本時間)に米国の国際学術誌『Movement Disorders』にオンライン掲載されます。」 【内容詳細】                                 パーキンソン病モデルへのペランパネルの有効性を確認 -パーキンソン病の進行抑制治療への期待-