コンテンツへスキップ

パーキンソン病におけるコロナワクチン接種

都立神経病院 沖山良一先生のFacebook(2月6日)、岐阜大学の脳神経内科教授 下畑 享良先生のFacebook(2月6日)に、コロナワクチン接種に関する国際パーキンソン病運動障害疾患学会の見解が紹介されています。下に要点を3つおおまかに簡略化して記しましたが、ぜひ両先生のFacebookをクリックして、より正確で詳細な情報をご覧ください。

■パーキンソン病が進行している場合、コロナ重症化のリスクは高まる。■ワクチンの副作用は一般の人と変らない。■極度に虚弱な高齢者を除き、ワクチン接種が望ましい。