コンテンツへスキップ

■ポスターをクリックすると拡大画面になります。受講希望の方は参加申込み方法をよくお読み下さい。             A 基本はご自宅でのWeb参加       B 会場の大画面で視聴も可能   

■AのWeb参加申込みはこちらからお進み下さい。 ➡ウェビナー登録画面

■Bについては仙台西多賀病院 地域医療連携室にお申込み下さい。Tel:022-245-1810

1月5日JPDA本部のFacebookに掲載されたタイトル記事を転載します。「どのような臨床研究が行なわれているか/行なわれてきたか」については➡「臨床研究情報ポータルサイトで検索」をクリックして検索ページへお進み下さい。「パーキンソン病」「多系統萎縮症」「進行性核上性麻痺」「大脳基底核変性症」などの病名を入力すると終了した治験を含め数多くの(PDでは395件)研究事例を知ることができます。         ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆
治験や臨床研究の情報に自分でアクセスしてみませんか?
ー厚生労働省「治験・臨床研究参画コーディネイトモデル事業」のパイロット調査のご案内をいただきましたー

皆さんは、治験や臨床研究を知っていますか。くすりの候補となったものが、本当に効くのか、安全なのか等を調べる試験のことで、健康な人や患者さんの自由な意思によるご協力を得て実施されています。くすりの研究開発は世界中でさかんに行われていますが、研究者や医師だけでは新しいくすりを世に送りだすことはできず、皆さんのご理解・ご協力が必要です。現在、厚生労働省では、国民がもっと治験や臨床研究に関心を持ち、積極的に参加してもらえるような仕組み作りを目指しています。そこで「モデル事業」を立ち上げ、「治験や臨床研究に関心があって、参加をしたいと思っている人に、適切な情報が届くように支援する」窓口を、試験的に設けました。今回は、国立保健医療科学院が運営する「臨床研究情報ポータルサイト」内の公開情報を基に、サポート窓口に電話またはWebフォームで問い合わせすることで、コーディネーターさんが一緒になって治験・臨床研究の情報を探してくれます。なお、情報を教えてもらったからといって、その治験や臨床研究に参加することが前提ではありませんので、ご承知おきください。この事業は2022年2月28日までの実施予定です。関心のある方は、是非アクセスしてみてください。■対象者:治験・臨床研究に関心があるものの探し方がわからない方等 ■期間:2021年8月2日~2022年2月28日 ■サポート窓口のアクセス方法電話:フリーダイヤル(0120-074-014)平日9:00~17:00 ■お問い合わせ➡HP(https://www.chikencall.com/)                           

 

パーキンソン病の治療をしている方の日常生活を応援する「マックス第55号」が発行されました。『マックス』(協和キリンKK提供)は年に1,2冊発行されています。薬局や病院に頼むと、発行されたときに無料で取り置きをしていただけます。

今号では「パーキンソン病における発汗障害・末梢循環障害」「嚥下障害における食事時の注意点と自宅でできる嚥下訓練法」など、ぜひ目を通していただきたい特集記事が組まれています。

・本部HP(https://jpda.jp)>リンク>「会員専用ページ」からPDFファイルで閲覧できますので、ご希望の支部会員は上記「お問い合わせ」からメールでご連絡下さい。閲覧用パスワードをご案内いたします。

白井病院 (大阪府 泉南市)脳神経内科部長 奥村一哉先生が2019年~2021年11月間に、パーキンソン病の勉強会『 パーキンの集い 』を11回開催し、毎回30分の講義内容を第4回からYoutube配信しています。講義後、自由な質問時間が30分あり、メールで質問や感想を受け付けています。簡単な質問でも大丈夫とのこと。パワーポイント資料も別途ダウンロードすることができます。「第10回 ~新しいパーキンソン病治療~ 」は必見。新薬なども実物が提示されます。簡潔で分かりやすく納得の30分です。パーキンソンの集い パーキンソン秒を知る オンライン診療

第1回 運動症状 第2回 薬物療法 第3回 非薬物療法・手術療法 第4回 非薬物療法・リハビリ 第5回 自律神経症状 第6回 精神症状  第7回 嗅覚障害・レム睡眠行動異常症 第8回 薬と食事 第9回 嚥下障害 第10回 新しいパーキンソン病治療 第11回 歩行障害&転倒予防について

NPO法人京都難病連の医療講演 第1部「パーキンソン病の構音障害嚥下障害について」国立病院機構 宇多野病院 神経内科医長 冨田 聡先生 第2部「パーキンソン病とつきあう~コロナ禍に負けない療養生活」同病院 臨床研究部長 大江田 知子先生、が1月31日までYoutubeでオンライン配信されています。肺炎を誘発することになる構音障害・嚥下障害についてしっかりした知識をもち、対処方法を早くから学び、実践していくことはパーキンソン病ではとりわけ重要です。ぜひ視聴して下さい。➡京都市委託事業2021年度難病医療講演「パーキンソン病」9月23日

コロナウィルス感染拡大、つぎつぎと現れる変異株、と、なかなか先が見通せない中、宮城県支部でも11月から月1回のペースで試験的にZOOMミーティングを開いています。11月は9名、12月は師走の平日ということもあり5名の参加に留まりましたが、2回目とあってリラックスでき楽しく話が弾みました。家人がひとこと、「みんなの話がおもしろいね!」今年度、スケジュールされているのは1月14日(金)午後7時~ を残すのみとなりました。会員以外でも参加を希望される方はHPの「お問い合わせ」からご連絡下さい。

※3回のテスト交流会の後、参加者の意見を集約し、役員会で検討して月イチのオンライン交流会を恒常化させようと計画しています。

アレクサンダー・トレッサー はロシア移民で、10代の頃にニューヨークに移住した元ブロードウェイダンサーです。彼は2007年にPDと診断されました。14年後のいま、時折ふるえがあり、時折歩くのが難しいという状態です。               (クリック➡2013年11月8日 マイケルフォックス財団HPに載った記事

パーキンソン病と一緒に動き続けるためのチャネリングダンスPDと診断されたとき、「治療法がない」と聞いてショックを受けましたが、症状を最小限に抑える方法を見つけようと決心しました。食事や運動習慣などライフスタイルを見直すことで、心身が大きく改善されたことに気づきました 。

PDは進行していきますが、2014年にはスタンフォード病院に招かれてパーキンソン病の運動教室を始めます。参加者の症状改善に勇気づけられて、ついにはオンライン運動プログラムを立ち上げました。どの進行段階でも、運動がPD患者の大きな助けになるよう工夫されています。

It's personal The first step is to start  をクリック➡立位・座位・仰臥位での運動の動画(各20~30分前後)。Exercise libraryは2分前後の動画58本。Walking more Normallyでは歩き方の工夫。硬くなりやすい関節のストレッチ、使わないことから来る筋肉の衰えを防ぐ運動、バランス改善、神経回路の使い分けなど、症状に応じ、組み合わせて利用できます。英語が苦手でも、エクササイズは万国共通。Googleの翻訳機能を使えば、大筋はつかみやすくなります(頻出するヘンな和訳には要注意)。ぜひ活用して下さい。理念・方法論・創設者2人の横顔はこちら➡Learn more about us

理学療法士でピラティスインストラクターの「ねも」さんはパーキンソン病のためのピラティスを紹介しています。略して"ねもピラ"。ねもさんは神経内科病院に勤務する傍ら「ブログやyoutubeを通してピラティスの可能性をパーキンソン病の方に紹介して」います。親しみやすく、日常生活に取り入れやすいピラティスです。➡はじめます!|パーキンソン病のためのピラティス*ねもピラ*

写真ご自宅で好きな時間に簡単に視聴できます!YouTubeを使いオンデマンド配信で1ヶ月間、開催されます。1215(水)10:00~2022年116(日)24:00 期間中いつでも視聴可能 【講師】国立病院機構宮城病院脳神経外科部長 仁村太郎 先生 【締め切り】2022年1月14日(金)※1月16日まで視聴可能 ※参加費は無料です。【共催】ボストン・サイエンティフィック ジャパン/朝日カルチャーセンター

◆詳細➡【オンライン健康講座】“ふるえ”の診断と治療 | 朝日カルチャーセンター   

彩の国さいたま芸術劇場より「パーキンソン病患者のためのダンス・プログラムZoomオンライン・クラス【12月クラス・参加者募集】」のご案内をいただきました。         ☆ ・ ★ ・ ☆ ・ ★ ・ ☆ ・ ★ ・ ☆ ・★

彩の国さいたま芸術劇場とスターダンサーズ・バレエ団はパーキンソン病の患者さんを対象としたオンライン・ダンスクラスを開催しています。ビデオ会議システムZoomを使用してパソコン・スマホ・タブレットなどの端末画面を見ながらご自宅から参加していただけます。パーキンソン病により、身体の動きに制限のある方へ向けたダンスの指導方法を学んだ講師のリードで音楽にのって、楽しく、自由に、身体を動かしてみませんか?自宅にいながらダンスでリフレッシュ。参加費無料、ダンス経験も不問です!どうぞお気軽にお申込みください。詳細はこちら➡【12月クラス】《オンラインで開講!》パーキンソン病患者のためのダンス・プログラム~ ※要事前申込➡12/19(日)15:30~16:10 申込フォーム